正しい歩き方

O脚を予防する正しい歩き方

O脚を予防する正しい歩き方

「ヒト」の歩き方を説明しましょう。

「ヒト」の体は必ずS字型になってバランスを取りますが、歩行の時もそうです。

真っすぐに両足を揃えて立った時、骨盤の横径よりも両足の巾が狭いために、歩く時足裏の少し外側から着地します。
ですから平常な歩行では靴の踵の少し外側が減ります。多くの方達は

「正常な足の人は靴の真ん中が減る」「O脚の人は外側が減る」「X脚の人は内側が減る」と思っていますが、それは間違いです。

踵が着いた後足裏全体が地面に着く過程において踵の少し外側から着いた分だけ足の内側に体重がぐっとかかります。(内くるぶしの下から土踏まずの部分)歪みがひどくなると足首がささえきれなくなり、内側へのたおれこみが強くなり踵の真ん中が減り、ついには内側が減ってくるのです。
ですから歪みが進行すればするほど偏平足になることが多いのです。
左右の踵の減り方が違うのは左右の関節の歪みが違うからです。

正しい歩方

O脚、X脚の人は歩幅が狭い方がとても多いので、今までより少しだけ歩幅を広くして歩きましょう。いつもより踵を少し遠くへ着地するようにします。

上半身はお腹から胸を意識してお腹からみぞおちを引き上げ、胸郭を広げるようにして腕はリラックスして自然に振ります。

よく胸を張ってと言われますが胸を張ると腰がエビ反るため、腰痛を起こす場合もありますので、胸を張るより下腹部を引き上げる意識を持ちましょう。

つま先は出来るだけ真っすぐにして歩きます。外股、内股は、脚のラインを歪ませます。
両足の間は離しすぎず、重ねず、直線にそえるように歩きましょう。

毎日の歩き方に意識をもつ事でO脚を予防したり、進行を防ぐ事も出来ます。また、正しい歩き方と姿勢を身に付ける事でガニ股や猫背の改善にも繋がります。