日々の施術から〜「靴のサイズ本当にあっていますか?タテとヨコをチェックして!


先週火曜日久しぶりにいらしたお客様は、もうかれこれ10年以上のお付き合いになる方。

初来店は15年くらい前。O脚矯正にお通いいただきました。

その後は時々マッサージや骨盤ケアにいらしていただいています。

10年前ダイビングを始められ、同じ趣味の私はその後ダイビングもご一緒したりして、長いお付き合いです。

お忙しい方で、いつもだいぶ疲れをためてからいらっしゃるので、
施術後は、胃腸の調子がよくなるようで、お腹が空いてきましたあ!
の一言がいつもの一言です。

今回は、左側の腰痛とふくらはぎまでしびれがあるとのことでしたか、施術後は、
あ、なくなってます!とのことでした。
よかったです。
左のお尻の緊張がありましたね。

「自分の身体がこんなに軽くなるのを忘れていた」とのこと。
あまり、ため過ぎないでくださいね >_<

お帰りの時、おニューのスニーカーであることを発見、「おーよい靴ですね!」

私と話す中で靴にはこだわりをもってくださるようになりました。

スーパーフィートのインソールも愛用してくださっています。

しかし…今回は横幅がせまかったかも、とのこと。

チェックすると、親指と小指の付け根の、靴へのアタリ(ぶつか
・・・・うーん、強いですね。


写真の黄色いシールの所です。 

 

IMG_4965.jpg  

 

お店で合わせた時は気にならなかったとのことですが、
このぶつかり、私が店員だったら…NGだなあ。

爽やかな青の夏らしいスニーカー、素敵なんだけどなあ。

スーパーフィートのインソールは厚みがあるので、今回はインソールは入れず、
元の中敷で履いただくことをアドバイス。

それでもすこしアタリそうなので、気になるなら残念ですが、
続けて履かないほうがよいです。

外反母趾、内反小趾の原因になります。

靴選びの際、タテの長さ〜つま先の長さは、捨て寸7ミリから一センチみてください。

そして、ヨコの長さ〜横幅も必ず注目してください。

親指の付け根、小指の付け根、小指の先、それぞれがアタラないこと、またはアタっても圧迫を感じない生地のやわらかさがあること、です。

 

靴選び、真剣になると、かなーり!難しいです!

 

当店にお通いのお客様には、
足のサイズの計測、お履きの靴の合い具合、靴選びのアドバイスをしております。

スーパーフィートカスタムや足底板を作成されるお客様には、靴屋さんに同行して、
ご一緒に靴選びもさせていただきます!

どうぞご利用ください。

カテゴリー: 足と靴、インソール タグ: パーマリンク