意外と多いX脚!

ブログが1ヶ月も空いてしまいました!何かと慌しい年度末年度始め、またまた日々に追われてしまいました・・・これではいけませんね。週1更新めざし頑張ります。

最近いらした妊婦さんのお客様、偶然かもしれませんが??X脚の方が多かったです。

当店に矯正で訪れるお客様はO脚の方が大半で、X脚の方は全体の1割程度でしょうか。
最近少し増えて2割くらいになった感じがしますが、それでもO脚の方よりはかなり少ないです。

日本人はO脚が多い、X脚は少ないと一般的にも言われますが、
最近妊婦さんにX脚の方が続いて気づいたことがあります。

それは、X脚の方はご自分がX脚であると気づいていない場合がかなりあるということ。

「X脚がありますね」とお伝えすると、「そうですか?」「え!初めて言われました」「O脚かと思ってました」とおっしゃる方が意外に多いのです。なのでX脚の方は実は多いのかもしれません。

正常な脚の形というのは「生理的X脚」といって、そろえた足より骨盤の幅のほうが広いため、膝にはX脚的な折れが少しだけある形が正常です。

だからそれが少し強くなったX脚の方はじつはけっこう多いのでは?と最近思うようになりました。

ただX脚よりもO脚のほうが、気になさる方が多く、矯正にいらっしゃる方が多いのかなと思います。

妊婦さんはこちらにトコちゃんベルトの装着指導希望でいらっしゃるのですが、私は必ず姿勢や脚の形、ゆがみををチェックさせていただきます。

妊娠中の腰痛や脚の付け根の痛みが、妊娠による骨盤の緩みにプラスして、姿勢や脚の形からも来ている場合があると思うからです。

(ここで今まで知らなかったご自分の足、脚、姿勢の特徴を知れるので、お得!?ですよ~) 

このHPのトップにもチェックポイントとして載せてありますが、足を親指からかかとまできちんとそろえて立った時、膝の内側が重なるようにぶつかって、立ちにくい方は、ほとんどの場合X脚があります。 

あなたはいかがでしょう?

X脚は、O脚に比べ骨の形やもともとの骨格からきている要素が多いです。

また、ご兄弟やご両親、祖父母など、近親にX脚の方がいらっしゃる場合が多く、遺伝的要素もO脚よりもあると感じます。

ですので残念ながらX脚矯正で、完全にまっすぐな脚まで持ってくることは大変難しいです。
できるだけ矯正しましょう、とご説明しています。
個人差はありますが、最初のX脚の状態の半分~3分の一程度までを改善のめやすに考えています。

それでも、歩くとき膝がぶつかににくくなり、足をそろえても立ちやすくなり、ヒップサイズも小さくなったりしますので、X脚矯正で改善できる点は多いと思います。

X脚の方は骨盤の形が縦長タイプの方が多いので、ヒップが小さく痩せ型の方もいらっしゃるのですが、太ももの付け根付近にお肉がつきやすく、上半身に比べ下半身が太くなるタイプの方も多いです。

このような方は、ダイエットをしながらX脚矯正を行うと、下半身のサイズダウンにも効果的ですよ♪

カテゴリー: O脚矯正, X脚 パーマリンク