あなたは本当にO脚?X脚?もしかしたらXO脚かも。

前回の記事から3週間近くたってしまいました!! 毎日があっという間です。仕事から帰宅後、夕飯、子供とお風呂、寝かしつけで一緒に寝てしまうのですが、朝起きられない・・・!という情けない日々が続いております(汗) 私も働くお母さんのはしくれですが、いまだに保育園の送り迎えはばたばた、子供の生活リズムもなかなかうまくいかず、ましてや年越しの準備も手につかず・・・!反省ばかりの毎日です。 上手に仕事と育児を両立しているお母さんを見習いたいです・・・。 さて、最近X脚のお客様が数人続けてご来店くださいました。 しかし純粋に「X脚」のみ、の方はほとんどいらっしゃいませんでした。 皆さんほとんど膝頭が内側を向いています。また、膝下だけ見るとO脚のような湾曲がある方も。 これらはO脚的な特徴と考えられます。 このような、X脚の要素と、O脚の要素を、両方持っている場合、XO脚、OX脚であると表現したほうが良いでしょう。 XO脚は、O脚の要素のほうが多い方、OX脚は、X脚の要素のほうが多い方、と私は定義しています。 XO脚は、膝の部分がXの形に折れており、膝下がOの形に湾曲している感じです。 このタイプの方は、上半身に比べお尻~太もものボリュームが大きい場合が多く、膝はついているので「膝下だけちょっとO脚ぽいんですが・・・」という感じなんですね。 でもXとOの要素があり、更に骨的な問題もけっこうあるので、なかなか矯正が難しかったり、時間がかかるタイプといえます。 OX脚は、私の独断的なタイプ分けですが、X脚の形が主体だけど、膝頭は内側を向いているような方。 このような方で、偏平足ぎみの場合は、矯正するときちんと膝が前を向いて、足の土踏まずのアーチが復活したりします。 しかし逆に甲高の方の場合、内向きの膝頭は膝下の骨のねじれを表現している場合が多く、なかなか膝が前を向かなかったりします。 んー、ちょっと専門的でわかりにくい話かもしれませんね。 えー、何も言いたいかというと・・・、X脚とO脚が混じっている場合、お客様はご自分の脚の状態を正確に把握しずらいことが多いという事です。 」 X脚が主体ですが、ご自分はO脚だとおもっていらした方もいらっしゃいました。 また、「よくわからないけど、自分の脚は何か変」とおっしゃってご来店された方も過去に多くいらっしゃいます。 同じように思っていらっしゃる方はいませんか? どうぞ是非カウンセリングにいらして下さい。 お客様の脚がどんなふうな脚なのか、見させていただきます。 20年間脚を見続けてきた私たちは、脚をみさせていただいた第一印象から  X脚か O脚か XO脚か OX脚か? O脚とX脚の混合割合は? 直りそうな部分はどこ?どんな脚になる? など だいたいのことがわかります。 お気軽にいらしてくださいませ。   ***お知らせです*** 只今、月曜・木曜を定休日にさせていただいておりますが、 来年1月から定休日は月曜日のみとなります。 ただ、大変恐縮ですが、スタッフ松尾の施術日は、しばらくの間、基本的に 火・水・土・日 の週4日とさせていただくことにいたしました。 木曜、金曜に関しては、京子先生のカウンセリング、施術日となります。 しかしながら、定休日(月曜)のカウンセリングや矯正体験、木曜・金曜の松尾の施術が、可能な場合もございますので、ご希望の場合は、お早めにご相談下さい。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
カテゴリー: O脚矯正, X脚 パーマリンク