直せるO脚の特徴 その2 ~反張膝~

日に日に寒くなってきますね・・・。 そしてどんどん街はクリスマス気分&年末に近づいていきますねー。 1年てなんて早いんでしょう。年をとるごとに早くなっていく気がします。そのうちゆっくりになることはあるのでしょうか? さてさて・・・直せるO脚の特徴ですが、もう一つはずばり「反張膝」です。 この件については、以前書きましたが、これもO脚の大きな特徴の一つです。 膝を後ろにピーンと伸ばしてしまっている状態です。 「膝を伸ばしすぎですよ」と言っても、それに気づいている方はほとんどいらっしゃいません。 「このくらいで立つのが通常です」と言うと。「えー?膝が曲がっている感じ」とおっしゃる方が多いです。 ご自分ではなかなか気づきにくいし、まだまだ指摘する人も少ないのが現状のようです。 「反張膝」は悪い立ち方ですが、この反張膝があってO脚であるということは、直せる要素のあるO脚だということです。 こういう方の場合、立ち方を直すことがO脚矯正、X脚矯正への重要な第1歩になります。 軽い方は自分で気をつけることでも直せる場合がありますが、長年の習慣になっている方がほとんどですので、当店では膝のサポーターを使用していただき、姿勢に気をつけていただくようにアドバイスしています。 それでも反張膝の改善が早い方と、時間がかかる方がいらっしゃいます。 反張膝の状態だと、膝の関節や周りの靭帯に余計な負荷がかかり、膝痛の原因にもなります。 また、太もも前面の筋肉が張り出してしまったり、ふくらはぎが硬くなったり・・・と、色々なアンバランスへ波及していくので、是非直すことをお勧めします。 自分は反張膝かどうか・・・?自分で判断するのはなかなか難しいと思います。 気になる方は、是非私にお脚をみせてくださーい。
カテゴリー: お客様の声 パーマリンク