幼稚園、保育園、小学校の上履き問題! その2

お客様からのメール

「娘の幼稚園では上履きが白のバレーシューズと決まっています。当然娘の足には合わず、よく脱げてしまいます。インソールをいれたりすれば脱げにくくなったりするでしょうか。もし、インソールをいれるのであれば作っていただくことはできますか。」

こちらのお子さんも、かかとがとても細いタイプなのです。バレエシューズなんてとんでもないです💦

でも、バレエシューズタイプの上履きは、中敷がなく、かかとが浅く、甲のゴムも前方についているため、インソールは入れられないのです。

私の回答

「お久しぶりです、お子さん大きくなられましたね!

白のバレエシューズ、よくある上履きタイプですよね、あれは、無理です。

少しでも足に合う、白い靴を選んで、
幼稚園に、それを履く許可をもらうのが良いです。

指定のものは足に合わず、足を痛める可能性があるので、足に合う靴をはくよう、子供靴に詳しいお店で言われました、と説明してください。

同じような相談先日受けまして、 その子もかかとがすごく細い女の子です。
指定靴を見せてもらい、お子さんに履かせた状態もチェックしましたが、全くあっていませんでした。
はしるとぬげそうになり、危険ですらありました。

なので、ぜひ幼稚園の先生に、他の足にあった靴を履かせてほしいと、伝えてください、と話しました。

お母さん、幼稚園におそるおそる伝えたら、快く指定の靴以外のものを履くことオーケー出たとのことです。

バレエタイプの上履きは、かかとが浅いので、インソールを入れると、よけいかかとがカパカパと浮いてしまう可能性があります。
また、靴の中の一部がきつくなる可能性もあり、インソールを合わせること自体がかなり難しいのです。

また、靴そのものが良くないので、いくらよいインソールをいれても、靴が悪いと、インソールの良さが発揮されないし、インソールでなく、靴で足を支える部分も大きいので、靴の構造が悪いのは、致命的です。

上記のママさんは、千葉の靴屋さんブロックで相談して、アシックスの白いスニーカーを、上履きにしました。

脚が細い子用の上履きは、吉祥寺のオートフィッツさんに、一般的なバレエタイプの上履きに、雰囲気が似てるものがあるはずです。

アシックスの白いスニーカーや、上履きも、ストラップをしっかりしめたら、Mちゃんにもいけるかもしれません。

ぜひぜひ、お子様の脚のために、体のために、足にあった靴を上履きになさって下さい。

足の甲に申し訳程度のゴムがついてるバレエタイプ上履きは、もっとも足に悪い靴です。」

ということなのですよー!!

バレエシューズタイプの上履きの問題は、
残念ながらインソール追加では解決されません。
あまりにも靴としての機能が悪いからです。

比較的よい上履きもあります。
まずは中敷があるものですね。

それなら
インソールである程度なんとかなります。

アシックス、アサヒの健康くん、ムーンスターのキャロットシリーズのバックルタイプなんかですね。

アシックス 上履き

13センチからあるのが、助かる。

アサヒ 健康くん

  • 15センチから

最近、以前よりかかとが狭くなった印象。
よいことです。

キャロットのバックルタイプ

一番、よくあるバレエタイプの上履きっぽいので、
他のこと違う靴が嫌な時は、これも選択肢に。
上に比べ、かかとの強度は落ちます。

あと、オートフイッツさんの、上履き

細い足のお子さんによいのですが、(それに、見た目も素敵なのよねえ)、16.5センチからです。

この上履き、うちの子に履かせたかったなあ~。

うちの子のころはまだなかった…

▼こちらは、アシックスの白のスニーカー。
これを上履きとして使うのもよいです!

o0810108014384728621
カテゴリー: 子どもの足と靴講座 タグ: , , , , , パーマリンク